育て育て

エンドウマメ サトイモ ジャガイモ トマト ナス ピーマン

sunny

朝晩の冷え込みも随分穏やかになり、昼間は汗ばむ陽気になってまいりました。

野外での作業で首を少々日焼けしてしまった本日は、里芋、葉物野菜などの植え付け、トウモロコシ、オクラ、バジルの苗づくりを行いました。

長く食卓に貢献してくれたネギも少しずつその数を減らし、代わってエンドウが採れ始めました。豆ごはんに卵とじなど、今からメニュー想像して楽しみになります。

 

 

 

 

 

 

上の画像は元気よく成長中のジャガイモ。6月ごろには収穫できるでしょうか。煮るも焼くも蒸かすもよしの万能食材。さすが、かつてのヨーロッパの食を支えた作物。ちなみにジャガイモといえばドイツなイメージですが、原産地はアンデス高地であり、南米です(有名な話ですが)

 

 

 

 

 

 

上に示したのはトマト、ナス、万願寺、ピーマンを植えた畝です。パオパオと呼ばれる不織布をかけてあります。パオパオ…なんだか可愛い響きです。由来は中国語の包(パオ)であるらしく、作物を柔らかく優しく包むことからこの名がついたそうな

 

長く感じた冬の気配も息を潜め、春、そして夏がやってきます。暖かい日差しとたっぷりの水やりで、大きく育てよ野菜たち

« »