HISTORY

 

<目次>
1. 農園の形
2. 開園以前-なんにもなかった頃-
3. 2012年の作付
4. 2013年の作付
5. 2014年の作付
6. 2015年の作付
7. 2016年の作付
8. 2017年の作付

 

1. 農園の形

石割京大農園は京都大学の官舎跡地圃場の中にあります。圃場は通路で十字に区切られており,私たちは東側半面を利用しています。(2014年春夏作から2015年秋冬作まで南西区画の一部も利用していましたが,2016年春から東側半面の利用に戻りました。西側は他研究室が利用しています。)作付面積はおおよそ300 m2で,この中で連作を避けながら作り回ししています。また,少し離れたところにあるビニールハウス内ではパッションフルーツを栽培しています。

農園はこんな形です。南北の区画それぞれに9本程度の畝をたてています。

2. 開園以前-なんにもなかった頃-

P1000675P1000673

2012年2月末の農園
写真左は南東角から,写真右は西端からの景色。数日前に降った雪が残っている。入り口の扉はまだ取り付けられていない。

P1000924P1000930

2012年4月27日
植栄研全員で石拾い。2012年時点では南西区画は利用していない。耕運機をかけるとサツマイモサイズの大きな石がたくさん出てきた。既に熱農研のビニールハウスが建っている。入り口の扉もついた。

3. 2012年の作付

3-1. 夏作

2012s

栽培作物

・5月〜
エンサイ・エダマメ・オクラ・カボチャ・辛トウガラシ(大小)・サツマイモ・サトイモ(赤茎)・キウリ・ニガウリ・スイカ・トウモロコシ・トマト(大玉・ミニ)・ナス(賀茂茄子)・ニンジン(オレンジ・白・黄・紫)・バジル・パプリカ・ヒョウタン(つるくび・千成)・ペピーノロイヤルカスタード・万願寺トウガラシ・メロン・ラッカセイ

・6月〜
京ササゲ・堀川牛蒡・ズッキーニ

<栽培>
5月8日,各区画に11本ずつ南北方向の畝を立てた。
この年はよくカラスにスイカを割られてしまった。

ロゴ<農園の名前・ロゴマーク・Web>
6月中旬ごろ,それまで仮称として用いてきた「石割京大農園」の名で本決まりとなる。ロゴマークは植栄研学生全員が一人一作品以上を出品した中から投票で決められた。WebサイトはM2(当時)のM君が立ち上げ,8月に運用が開始された。

2012s22012s3

3-2. 秋冬作

栽培作物

・継続
堀川ゴボウ・ラッカセイ・サトイモ・サツマイモ

・9月〜
小カブ・カラシナ(赤)・水菜・壬生菜・ハクサイ・キャベツ(早生・中手・晩生)・ブロッコリー(早生・晩生)・カリフラワー(白・黄・紫・ロマネスコ)・ダイコン(青首・聖護院・三太郎・北京水大根)・九条ネギ・島ラッキョウ

・10月〜
はなっこりー

・11月〜
エンドウ(実エンドウ・絹サヤ・スナップ)・春キャベツ・ホウレンソウ・タマネギ

・2月〜
ジャガイモ(メークイーン・男爵・キタアカリ・ノーザンルビー・シャドークイーン)・春キャベツ補植

・3月〜
ホウレンソウ

2012aw

<栽培>
秋作物への転換は9月19日に行った。東端に果樹を植える場所をつくるため,畝の数は9本に減らした。

<畝かえ>
サツマイモ,ラッカセイの収穫後,畝かえ(畝の位置を半畝分ずらし,それまで畝間だったところを畝とすること)を行った。畝かえはその後も適宜行っている。栽培終了時期の異なる作物の畝が入れ子になっていると畝かえができない。

<果樹の植樹>
12月末に桜(ナポレオン・佐藤錦)・温州みかん・山椒を,2月に梅(南高)・ブルーベリー・ラズベリーを植樹した。
この時植えたミカンは冬の間に枯死,現在のミカンの木(温州みかん・清見オレンジ)は春に植え直したもの。桜のうちナポレオンは2014年の夏にコガネムシにかじられて枯れてしまった。

2012w12012w2
2012w52012w3

4. 2013年の作付

4-1. 夏作

栽培作物

・継続
ジャガイモ・九条ネギ・タマネギ・エンドウマメ

・5月〜
オクラ・トウモロコシ・ナス(加茂・千両)・万願寺トウガラシ・トマト・スイカ・カボチャ・キウリ・メロン(ころたん)

・6月〜
ササゲ・スイートバジル・サツマイモ・堀川牛蒡・ヒョウタン

・7月〜
サトイモ・ダイズ

2013s

<栽培>
夏作物の植えつけは5月7日に行った。このころからオクラなどの苗を自分たちで育苗するようになった。ただし,この年植えつけたオクラの苗は初期にアブラムシ被害を受けて枯れ,結局,市販苗と石割さんに頂いた苗を栽培した。

2013s42013s5
2013s12013s2

4-2. 秋冬作

栽培作物

・継続
堀川ゴボウ・ダイズ・サツマイモ・サトイモ

・9月〜
九条ネギ・ダイコン(青首・桜島・青長・聖護院・紅芯)・ハクサイ・キャベツ(緑・赤・芽キャベツ)・ブロッコリー・カリフラワー・小カブ(紅・白)・ホウレンソウ・水菜・壬生菜・ミツバ

・10月〜
チンゲン菜・水菜・ホウレンソウ・サニーレタス・エンドウマメ(実エンドウ3種類・スナップ・絹サヤ)・ソラマメ・イチゴ

・11月〜
春キャベツ・タマネギ(普通種・白色)

・2月〜
ジャガイモ(男爵・キタアカリ・アンデスレッド・ノーザンルビー・シャドークイーン)

・3月〜
ニンジン・ゴボウ(サラダ娘)・ホウレンソウ

2013aw

<栽培>
秋作物の植えつけは9月10日に行った。アブラナ科作物は生育初期にヨトウムシなどによる虫害を大きく受けた。このためハクサイは播種後すぐにいなくなり,空いた畝にはなっこりーを植え付けた。

<果樹の植樹>
9月,4回生が小豆島旅行の土産に買ってきたオリーブ(マンザニロ)を植えた。翌4月にもう1本,受粉樹として品種の異なるオリーブ(ミッション)も植えた。冬にはビニールハウスにポポーを植えた(鉢植え)。

<ビニールハウス>
ビニールハウス1棟が完成した。ハウスは農園からは少し離れた場所にある。

2013aw12013aw2
2013aw32013aw4

次のページに続きます