HISTORY

5. 2014年の作付

5-1. 夏作

栽培作物

・継続
春キャベツ・エンドウマメ・ソラマメ・ニンジン・ゴボウ・タマネギ・ジャガイモ・ホウレンソウ・イチゴ

・4月〜
平サヤインゲン・ダイコン(三太郎)・エダマメ・トマト・ナス(千両・加茂・ビントウロング)・カボチャ・スイカ・パプリカ・ショウガ・ズッキーニ・トウモロコシ・モロヘイヤ・トウガン
*トウガンは石垣の上のスペースで栽培

・5月〜
オクラ・カボチャ(鹿ケ谷)・ラッカセイ・ハヤトウリ

・6月〜
堀川ゴボウ・サトイモ・エビイモ・ナス(マクアポ)

2014s

<栽培>
新たに圃場の南西区画の一部(約60 m2)も借用し,作付けを開始した主な夏作物の植え付けは4月22日に行った。

<COC講義>
4月から全学共通科目「京野菜の栽培を習う」が開講された。農園での実習では十数名の受講生がキウリ,トマト,ナス,万願寺トウガラシの栽培を教わった。栽培面積を増やしたのは受講生用の畝を準備するためである。

<エコマーケット>
6月15日,エコ〜るど京大のイベント「エコマーケット」に地産地消(学内でつくって学内で販売)の野菜の店を出し,ジャガイモ・タマネギを販売した。知恩寺の手作り市から流れてきたお客様にも購入していただき,準備した野菜はすべて売り切れた。

2014s72014s4
2014s62014s8
2014s12014s2

5-2. 秋冬作

栽培作物

・継続
サツマイモ・サトイモ・エビイモ・ハヤトウリ・ラッカセイ

・9月〜
ダイコン(青首・聖護院・紅)・壬生菜・水菜(早生京水菜・紅法師)・小カブ(赤・白)・聖護院カブ・シュンギク・ハクサイ・キャベツ(緑・赤)・チンゲン菜・ホウレンソウ・タマネギ・ロメインレタス・ブロッコリー・カリフラワー(白・黄)・ロマネスコ(白・緑)・ニンジン・九条ネギ

・11月〜
エンドウマメ(実エンドウ・絹サヤ・スナップ)・ホウレンソウ・ミブナ・ミズナ・シュンギク・イチゴ
*イチゴはビニールハウス内で栽培

・12月〜
タマネギ・春キャベツ

・2月〜
ジャガイモ(メークイン・男爵・キタアカリ・インカのめざめ・アンデスレッド・ノーザンルビー・シャドークイーン)・エンドウマメ(補植)・白ネギ(植え付け,育苗箱への播種は9月末)

・3月〜
春キャベツ(鳥害のため植え直し)

2014w

<栽培>
エンドウマメは一回栽培した畝には5年は植えない方がよい。毎年場所を変えているが植えられる場所はだんだん限られてきた。南西区画の畝は卒論研究の栽培試験にも利用した。2月にはヒヨドリが来襲しブロッコリー・カリフラワーの葉,春キャベツ,エンドウマメ苗などが食害を受けた。2012年,2013年には好調だった九条ネギは,なぜかさっぱり大きくならなかった。11月に播いた2回目の葉物は冬の間大きくならなかったが,3月になって急に成長した。

<京大生協への出荷>
第9回京都大学ホームカミングデー(11月1日)の生協の屋台企画用に,青首大根,小カブ,堀川ゴボウを出荷した。青首大根はお揚げとたいて,小カブはサラダ,堀川ゴボウはゴボウチップスとして販売された。

<石ナビ配信開始>
農園の近況をお知らせするpdfマガジンのメイル配信を始めた

2014w12014w2
2014w52014w7
2014w42014w6

6. 2015年の作付

6-1. 夏作

栽培作物

・継続
イチゴ・ジャガイモ・白ネギ・タマネギ・九条ネギ

・4月~
ハツカダイコン(白・赤)・ピーマン・パプリカ・モロヘイヤ・カボチャ・スイカ・ニガウリ(白・緑)・サヤインゲン(モロッコ)・トマト(大玉・中玉・ミニ)・ナス(千両・加茂・水なす・山科・ビントウロング)・ショウガ・トウモロコシ・トウガン・ズッキーニ・アスパラガス
*ズッキーニはビニールハウス内,トウガンは石垣の上,ミョウガは南西の角で栽培

・5月~
メロン・三尺ササゲ・ハヤトウリ・ラッカセイ・ミョウガ・カボチャ(鹿ケ谷)
*メロンはビニールハウス内で栽培

・6月~
サトイモ・エビイモ・サツマイモ・堀川ゴボウ・シソ・エゴマ

2015s

<栽培>
夏作物の植え付けは4月28日に行った。このシーズンは雨の中の作業が多かった。

<COC講義>
前年に引き続き全学共通科目「京野菜の栽培を習う」が開講された。

<京大生協への出荷>
6月15日~19日にカンフォーラ前で開催されたビアガーデン用に,タマネギ,ジャガイモ,キウリを出荷した。

2015s42015s3
2015s12015s5

6-2. 秋冬作

栽培作物

・継続
ナス・万願寺唐辛子・サツマイモ・サトイモ・エビイモ・堀川牛蒡・ハヤトウリ・落花生

・9月〜
ダイコン(青首・桜島・聖護院・紅芯)・聖護院カブ・ハクサイ・キャベツ・ブロッコリー・カリフラワー・ブチヴェール・ホウレンソウ・水菜・壬生菜・チンゲン菜・ミツバ・セロリ・九条ネギ・白ネギ(9月播種,植付けは10月)・ニンジン・レタス(ロメインレタス・玉レタス)

・10月〜
水菜・壬生菜・春菊(2回目の播種)・イチゴ(章姫・白イチゴ)・アイスプラント・ニンニク・ソラマメ
*イチゴはビニルハウスで栽培

・11月~
エンドウマメ(絹さや,実エンドウ2種類)・ワサビ
*ワサビは農園西端に植えた

・12月〜
春キャベツ・玉ねぎ(赤玉ねぎ・普通種)

・2月〜
ジャガイモ(7種類)

2015w

<栽培>
秋作物の最初の播種は9月1日に行った。長大根を生協へ定期的に出荷するため,1~2週間おきに播種していった。エンドウマメ・ソラマメは昨年度までは直播していたが,生育改善と鳥害防止のため,苗を作って植えつけた。ニンジン・2回目の葉物は発芽後消失した。初めて植えたセロリはあまり大きくならなかった。その他の作物の生育は大変順調だった。

<京大生協への出荷>
11月7日のホームカミングデーに際して,カンフォーラに青首大根,堀川牛蒡,ロメインレタスを出荷した。また,11月から12月の5週間連続して,青首大根を各週20kgずつ,北部食堂に出荷した。ダイコンサラダなどとして提供されていた。

<石ナビ発行中>
50号をこえた。

DSC_6399DSC_6096
DSC_7761DSC_6312DSC_6896IMG_0732

次のページに続きます