ワタヘリクロノメイガ(ウリノメイガ)

2015年8月中旬,キウリの葉に散らばった虫の糞の周辺を探したらこんなのがいました(写真1)。透き通った緑に,白いラインが二本。ワタヘリクロノメイガの幼虫です。葉だけでなく,キウリ果実もかじって溝だらけにしていました,ウリ科・アオイ科の農業害虫ですが,与えれば割となんでも食べるとのこと。

DSC_5188
写真1 キウリ葉裏のワタヘリクロノメイガ 葉脈間に糸をかけて居場所を作っていた 頭部前方の葉は大きくかじられている

DSC_5205
写真2 幼虫に気づいてから数日で蛹を目にするようになった 丸い穴はウリハムシの食害痕