ウリキンウワバ

不自然な位置で折れて垂れ下がったキウリの葉(写真1)。葉が萎れているのは葉身基部付近にくるりと咬み傷が付けられているためです。葉をひっくり返すとウリキンウワバの幼虫が出てきました(写真2)。背中を丸めた突起の多いゴツゴツした姿が印象的。葉の陰にかくれ,葉縁からかじっていくようです(写真3)。
この虫,ヒョウタンを栽培するとしばしば発生し,葉だけでなく,果実も食害していきます。

DSC_9264
写真1 垂れ下がったキウリの葉

DSC_9268
写真2 ウリキンウワバ幼虫 粘稠な物質は噛跡から出たキウリの溢泌液が濃縮されたものではないかと思います

DSC_9277.jpg
写真3 展開図