ワタノメイガ

オクラの葉は手のひらのような形をしています。葉の指の部分ががくるっと筒状に巻かれていることがあります(写真1, 2)。筒をほどいてみると,虫糞とともに,透き通った緑色の小さな(2cmくらい)イモムシが出てきます。触っても丸まったりはせず,敏捷に動きます。アオイ科を好むワタノメイガ幼虫です。筒の内側で葉を食害しています。

写真1 丸められたオクラの葉

写真2 同上

写真3 写真2を開いたところ

写真4 ワタノメイガ幼虫 葉の表にいるのは写真を撮りやすいよう移動させたため 夏の朝の日差しを受けて半透明に輝いています

(2016年撮影)