アワヨトウ

アワヨトウの幼虫はトウモロコシの葉を食害する虫として害虫図鑑に必ず名前のあるイモムシです。トウモロコシに限らず,水稲を含むイネ科作物全般を好み,大発生して壊滅的な被害をもたらすこともあるそうです。
農園では見かけた記憶がありませんでしたが,先日,トウモロコシの苞葉をむしったら,きつい目をしたイモムシが出てきました。顔つきと背中のラインからアワヨトウだろうと思います。来るといわれるものは来ているようです。

追記
2017年8月,ガラス室内で栽培試験中のイネに食害痕を発見。虫糞も落ちているので何かがいるのは確かなのですが,昼間探しても虫の姿はありませんでした。日没後に再び出向くと(植栄研ガラス室は蛍光灯照明がつけられます),1/2000aワグネルポットで大きく育ったイネの葉の至る所に目つきの悪いイモムシ。突然明るくなるとは思っていなかっただろう。電気って素晴らしい!2日がかりで駆逐しました。


写真1 トウモロコシの皮をむしったら出てきました


写真2 まるまります

(2016年撮影)