2018.11.25公開

ナシケンモン

全てのケムシが皮膚炎の原因になるわけではないと知ってはいるのですが,キャベツのアオムシ取りをしていてケムシに遭遇するとひゃぁっとなります。皆で作業をしている時に悲鳴が聞こえてくることも。

ナシケンモンの幼虫は,梨の葉からキャベツまで幅広く食害するケムシです。農園では,主にアブラナ科作物で見かけます(写真1~3)。発生数は多くありません。


写真1 キャベツの葉のナシケンモン幼虫


写真2 白菜のナシケンモン幼虫 体の横にオレンジと黄色2色のギザギザの線があります。


写真3 カリフラワーにいたのを連れて帰った個体 背中にも模様があります。数日間カブの葉を食べた後,紅葉をつづって蛹になりました。

(写真1は2016年,写真2,3は2018年撮影)