アスパラ・キヌサヤ・木の芽味噌

春先は閑散としていた農園も、ジャガイモの葉が育ち、夏作物が植え付けられて賑やかになりました。

エンドウマメも蔓を急速に伸ばしました。その勢いは、昨年の春ご近所の方に、「あの突然大きくなったのは何ですか?」と尋ねられたほどです。ジャックと豆の木。実エンドウ(うすい、久留米豊)、スナップ、キヌサヤを植えています。キヌサヤがそろそろ収穫できるようになりました。仏国大莢という大きめの莢のつく品種。同じく大莢のオランダ莢とともに関西で人気があるそうです。

写真はキヌサヤとアスパラ(敷地の隅で筍のように芽をだしています)の塩茹でに木の芽味噌。木の芽味噌はビニルハウス横の山椒の葉で作りました。

木の芽味噌
白味噌を味醂と酒(4:1:1くらい)で伸ばし、電子レンジ(200W)で加熱。焦げやすいので様子を見ながら、混ぜながら。冷ましてから、クロックですりつぶした山椒の葉と混ぜます。あまり甘くしたくなかったので砂糖は入れませんでした。

« »