千枚漬け

今年の聖護院かぶらは丸いです。昨年農園で初めて栽培した聖護院かぶらは3個くっついたみたいな不思議な形をしていました。今年のカブは丸いなあ,と去年を知る者達は話しています。

千枚漬けを作りました。まるくておおきなものは不安定なので,いったん縦半分に切りました。石割さんのお話では,「酒米を削るような歩留まりで厚く皮をむくと美味しい千枚漬けになる」そうです。ほどほど厚く皮をむいてスライスした聖護院カブをジップロックに入れ,塩を振りました。冷蔵庫で一晩。一回洗って,甘酢と昆布を加えて再び冷蔵庫で一晩。

カブの皮は,堀川牛蒡の芯,九条ネギと一緒に粕汁の実にしました。

DSC_7090

« »