紅芯ダイコンのピクルス

紅芯ダイコンは,ソフトボールサイズの球形ダイコンです。外見は,地上に出ている部分(全体の2/3くらい)は普通の青首大根よりやや濃い緑色,地中部分は白色,ごく一般的な配色です。紅芯の名のとおり切ってみると赤い。内に秘めた情熱のような仕様です。

ピクルス(調味液は塩と酢)にしました。赤い色のつきようにムラがありましたが,漬けているうちに全体がきれいに赤くなりました。

DSC_7779

« »