1337

(このテイスティングは農園産品についてではありません)

1337は日印交雑種「タカナリ」に36分の1程度「コシヒカリ」の遺伝子が入った実験用イネ系統です。

試験終了後、炊いて食べてみました。研究室メンバーからは、美味しくないとの感想がありました。炊飯器で長時間保温した後の食味はタカナリに比べると1337がやや優れるそうです。

執筆者はこの系統に思い入れがあるからか、あるいは白ごはんの理想像のようなものを心に持っていないためか、普通に食べられます。しかし、インディカでもなくジャポニカでもない中途半端感は強いように思います。

« »